2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グッバイ、レーニン!

エヴァQを見てきました。
ネットでは散々叩かれてたし、ブロ友さんも記事はネタバレ怖くて読んでないけど、タイトルからして少しばかりご立腹な様子のエヴァQ、私もけっこう覚悟を決めて見に行ったのですが

思ったより良かったです。
一緒に見に行った兄は、「エヴァは日常的と非日常がうまいことあるのがよかったのに・・・」と、かなりガッカリしていましたが、私にとってエヴァはシンジ君があの現実でどうやって幸せになるかという話なので、今回のエヴァも十分楽しめました。

ネタバレもしたくないし、エヴァの考察はなんだかちょっと照れくさい気もするのでこのくらいに。

img_975056_31128385_0.jpg

グッバイ、レーニン!
ベルリンの赤い雨!('A`)






※以下ネタバレ注意※







あらすじ
母のため、自分の為の社会主義
東ドイツに住むアレックスは、幼い時に父親が出て行ってしまったことにより、社会主義に傾倒するようになった母に姉と一緒に育てられ、子供の時は宇宙飛行士になることを夢に見ていた。しかし、成長するにつれ社会主義の間違いに気付き始めた彼は、母親との意見の違いに悩みつつも社会主義に対する抗議デモに参加していた。母親は、デモの最中アレックスが警察に捕まるところを目撃しショックで気を失い、そのまま入院する事となってしまう。その後8か月もの間眠り続け、2度と目覚めないと思われてた母親が奇跡的に目をさまし喜ぶアレックス達であったが、母親は8カ月の間に社会主義が終わった事も知らずにいた。しかし、次に強いショックを受けたら死んでしまうと医者に宣告され、真実を母に告げるわけにいもいかず、アレックスはひたすら社会主義を演じ続けることに・・・



昔、しゃべくりか何かで紹介されてましたよね。確か。
ああいうので紹介されてるいるのを見ると、逆に「じゃあ絶対それだけは見ない!!」と変な意地をはってしまうのですが、タイトルに惹かれたので結局見てしまいました。

正直に感想を述べると、そんなに絶賛するほどのものではないですね。
たしかに悪い映画というほどでもなかったけれど、公共の電波で、あの時間帯で、これが本当に良いんです!!って訴えるほどではないなという感想。

あくまで私としてはですけどね。


社会主義に傾倒した母親を心的ショックで殺さないために、息子があの手この手でなんとか事実を隠す話で、母親の為に東ドイツ時代の食品を買い集めようにももうスーパーで売ってなくて、老人の家の東ドイツ時代の空き瓶をもらってそれに移し替えたり、服装もきちっとした格好をしたり、誕生日には昔の友人に集まってもらい事情を話し手伝ってもらい、子供にお金を渡し東ドイツの歌を歌ってもらったりと、あらゆる手段で事実を隠します。

そのうちに、仕事仲間に手伝ってもらい嘘のニュース番組まで作り始め、元東ドイツ領に進出したコカコーラを、実は東ドイツが作ったものだったのを西ドイツに奪われてたものとし、道にあふれてる人や車は、西ドイツからの難民が東ドイツにきたものとし、究めつけにはベルリンの壁崩壊は西ドイツの国民がやったことで、ドイツは社会主義により統一されたとまで流す始末。

でも、それ全部が母の為っていうんだからすごいですよね
まぁ実際はちょっと違ったんですけど

ホントのところは、この主人公も自分の為に社会主義のドイツを作り上げていた部分があったんですよね。社会主義がドイツを統一なんてのは最たる例として、それまでの小さい嘘や、母親に生きていてほしいと願う気持ちも、結局は自分の理想とは違う現実から少しでも目をそらすためのものなわけです。

それも仕方のない感情だと思います。主人公がいくら社会主義を嫌い、西ドイツとの併合、資本主義の導入を望んでいたとしても、小さい時からの自分の世界が一変するわけですから、不安がないはずがありません。それに思い通りに合併したところで、その後の生活まで思い通りになるはずもないのですから、そんななか昔を懐かしむ思いから、理想の世界に浸るのもしかたのないことでしょう。それに、なんだかんだ言っても母親の為にやったのも事実なのですし

それ以外にも、父親との事や兄弟間での意見の相違や、恋人との関係など、メインを支えるための要素もちゃんとあるのですが、それでもやっぱり絶賛するほどの映画ではなかったと思います。

要素は色々良かったのですが、ストーリーの展開の仕方が静かすぎてなんだか物足りなかった感が強く、もっと言ってしまうと、ちゃんと内容は展開してるのになぜだか退屈な感じがある場面が多く、全体通しても展開はあるのに、静かすぎて盛り上がらないというか、小さい波がいっぱいあった程度の印象しか残らなかったです。

シリアスにしろ、コミカルにしろ、もっとはっきりやれたと思うのですが、ほとんどの場面が同じ調子で進んでいくので、せっかくの見せ場もなんだかなぁといった感想。

難しいテーマだとは思うので、色々なことを考えるとこうするのがベストだったのですかねぇ



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://miyzakihaya.blog.fc2.com/tb.php/216-cb48cf9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【グッバイ、レーニン!】

エヴァQを見てきました。ネットでは散々叩かれてたし、ブロ友さんも記事はネタバレ怖くて読んでないけど、

絶望名人カフカの人生論 «  | BLOG TOP |  » 幸福の罪

プロフィール

烏天狗

Author:烏天狗
映画好きの20代です
とくにB級を好んでみることがあります

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
アニメ (20)
コメディ (30)
ホラー (56)
シリアス (36)
ドラマ (63)
アクション (16)
エロス (5)
ヴァイオレンス (16)
SF (18)
パニック (10)
ミステリー (6)
ナチス (2)
本 (35)
日常 (38)

ランキング

ランキングです

FC2Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。